1. トップページ
  2. スキンケアを変える前の方法と変えることへの不安

スキンケアを変える前の方法と変えることへの不安

【時期と転機】19歳頃・友人のアドバイス

20歳

ニキビ肌に悩まされておりスキンケア方法を変える前はアクネスやプロアクティブなどのニキビ専用洗顔剤や化粧品を使っていました。朝昼晩学校にいる時もメイクを一旦落として洗顔したりかなり自分の肌を気にしていました。しかし効果はありませんでした。

【時期と転機】53歳・肌荒れ

50代

スキンケア方法が変わる前はオールインワンジェルを使っていました。できるだけ時短をしたかったので、なちゅライフのローヤルゼリーもっちりジェルを使っていました。使った感じはしっとりとしていてかなり満足していました。

【時期と転機】35歳・肌荒れ

40代前半

メイク落としはオイルクレンジングを使用していました。その後、夜は拭き取りタイプの化粧水→しっとりタイプの化粧水→美容液→夜用クリームの順につけていました。たまに美顔器でイオン導入もしていました。朝はミルクタイプの洗顔を使い、化粧水→美容液→乳液の順でつけていました。メーカーは全てニュースキンのものです。使用感に不満はありませんでしたが、手に入りにくかったのと、年齢とともに乾燥がひどくなってきたので変えようと思いました。

【時期と転機】19歳・ニキビ

20代

アクネケアの洗顔を使っていて、まだ高校生であったこともあってファンデーションなど全くしておらず化粧水も軽く手でぬるだけであった。そのためなのか思春期のせいなのか特におでこにニキビが出来やすくて悩んでいました。

【時期と転機】40歳・ホルモンバランス

40代

特にブランドなどを決めていたわけではないですが、クレンジングに力を入れていました。肌に汚れが残っている状態が吹き出物などの原因にナルト思っていましたので、オイルでオフして、洗顔という流れを毎回念入りにしていました。特に不満は感じていませんでしたので、その調子で十数年くらいは続けていたと思います。

【時期と転機】29歳・二人目出産後

40代

洗顔後、化粧水をつけてそのあとにオールインワンジェルをぬっていました。化粧水は無印良品、オールインワンはフレッシェルです。不満というか足りないかなとは感じていましたがあれこれ揃える余裕もなくこれでずっと過ごしてきました。

【時期と転機】25歳・急な乾燥

30歳

オイルのメイク落としで化粧を落とし、サッパリ系の洗顔料で顔を洗い、大容量のハトムギ化粧水をお風呂上がりに適当につけて、ドラッグストアに売っているその時安い乳液を適当につけていました。肌は強い方だったのか、肌荒れや乾燥を今までしたことがなかったので、この方法で特に不満はありませんでした。

【時期と転機】27歳・出産

28歳

皆が使っているので、口コミもよい無印良品のスキンケアローションを使っていました。たまに同じ製品のパックを買ったり、後はもちろん乳液も揃えて高校生の時からよく使っていました。でも、産後はとにかく乾燥が激しく、ローションというよりはただの水を塗ってる感じに。

【時期と転機】55才・自宅にいることが増えた

57才

アルビオンやコスメデコルテ、イプサなど、デパートや化粧品専門店でしか買えないような国産のブランドコスメを使ってました。価格が高すぎる点と、どこでも買えない点、アイテム数が多いことについて不満がありました。手順は、化粧水→乳液→保湿液→美容液→クリームです。

【時期と転機】30歳・今までのケアでは肌荒れが目立つため

30代

完全にコストパフォーマンス重視で、お風呂上がりは無印良品の敏感肌用化粧水と、ニベア青缶を塗っているだけでした。20代はそれで満足していましたが、30歳を境に今までのケアでは、くすみや肌のざらつきが気になるようになってきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加